文京カウンセリングのあがり症、赤面症、対人恐怖症克服のための専門カウンセリング

あがり症、赤面症、対人恐怖症克服のための専門カウンセリング

人前で緊張し過ぎて、頭が真っ白になる、赤面する、異常に汗をかく、動悸や呼吸が苦しくなる、手足や声が震える、顔が引きつる、視線が気になる・・・

どうしても避けられない面接や試験、プレゼンテーション、冠婚葬祭、営業、日常の会話など様々な場面で、あがり症、赤面症、対人恐怖症の方は苦しんだり、傷ついたりして、お悩みのことと思います。

文京カウンセリングでは、下記のような、あがり症、赤面症、対人恐怖症等の方を対象に、安心安全な環境のもと、お一人お一人に合った方法で専門のカウンセラーが支援いたします。

・会議での発言やプレゼンテーションでの発表で、過度に緊張してしまう。
・面接や面談、冠婚葬祭の場で頭が真っ白になり、思っていることが話せなくなる。
・人前に立つと顔が赤くなってしまう。
人の視線が気になってしまう。どう見られているか、変に思われてないか気になる。
・人前で異常に汗をかいてしまう。
声が震えたり、出なくなったり、どもったりして、言いたいことが言えない。
・過度に緊張して、手足が震えたり、顔が引きつったりピクピクしたりする。
・人前で動悸が激しくなったり、呼吸が苦しくなったりする。
・人前で字を書く時に震えてしまって、うまく書けない。
・試験やスポーツ、演奏会など本番になると、緊張し過ぎて失敗してしまう
・職場や冠婚葬祭などの場において人前で話さざるを得なくなり、どうにかしたい。
・あがり症克服の本を読んだり、話し方の教室に通ったりしたが、効果が無かった。
・今まで色んな努力してきたが、うまくできずにトラウマになっている。

>> ご予約方法・料金についてはこちら

メールカウンセリングも受付中

文京カウンセリングの特徴

・あがり症、赤面症、対人恐怖症といっても状況はお一人お一人異なるので、話し合いながらお一人お一人に合う適切な方法で無理なく進めていきます。

・料金は1回ごとのお支払いなので、無理なく自分のペースで続けられます。

早い方で3回、多くの方は5~10回のセッションで改善効果を実感されています。

>> ご予約方法・料金についてはこちら

メールカウンセリングも受付中

カウンセリングを受けた感想(あがり症、赤面症、対人恐怖症等の方)

以下は、弊所所属カウンセラーのカウンセリング(あがり症、赤面症、対人恐怖症等)を受けられた方の感想です。
括弧内の年齢等はアンケート回答時のもの。

・人の視線が気になり、人と目を合わせて話すことができなくて、ずっとうつむいて生きてきた。私の話にじっくり付き合っていただいたことで自分を見つめ直すことができ、それとともに自然と人の視線が気にならなくなり、人と目を合わせて話すことができるようになっていった。(30代前半女性・公務員)

・会議やプレゼンで、緊張して声が震えてしまう自分が嫌で仕方なかった。そのことで自信を失い、周囲の評価も悪くなっていくという悪循環に陥っていた。カウンセリングに通うことで、その悪循環が断ち切られ、次第に好転していくのが実感できた。今は自信を持って話すことができるようになり、会議やプレゼンが楽しくて仕方ない。(30代前半女性・会社員)

・あがり症克服法の本を読んだり、コミュニケーション教室に通ったりしたけど、僕にとっては全く意味がなかった。紆余曲折を経てこちらのカウンセリングにたどり着き、ようやく克服したことを実感できた。もっと早く来ればよかった。(20代後半男性・技術職)

・人と接する時、赤面して緊張してしまう自分を変えなければと思って、カウンセリングを受けることを決意。しかし、カウンセリングでは、そのままの自分でいいと言われて驚いた。今では、そのままの自分で自然に楽に人と接することができるようになっている。(20代後半女性・団体職員)

・これまで入試では極度に緊張して失敗しまくりだったので、試験というものに苦手意識を持っていた。カウンセリングの中で、自分に合ったオーダーメイドというべき克服法を見つけることができ、公務員試験に合格することができた。今後も色んな資格試験にチャレンジしたい。(20代前半男性・学生)

・人の前で話すのが大の苦手なのに、親友の結婚式でスピーチを頼まれてしまった。結婚式までの限られた期間内に集中的にカウンセリングをしていただき、無事乗り切ることができたことを大変感謝している。(30代前半男性・会社員)

・転職活動での面接では、いつも物凄く汗をかき、頭の中が真っ白になって、何を話しているのか分からなくなるという失敗を繰り返した。カウンセリングを通して、実力以上に自分を良く見せようと無理をしている自分がいることに気づいた。共に歩んで支えていただいたおかげで、無事に再就職できた。(40代前半男性・会社員)

・大勢の前で演奏するのが苦手で、コンクールでは練習の成果を発揮できずに何度も受賞を逃して悔しい思いをしてきた。カウンセリングに通ったおかげで、先日のコンクールではまるで自宅でピアノを弾いているような感覚で本番に臨むことができ、初めて表彰されてとても嬉しい。(20代前半女性・ピアノ講師)

・話し方講習会などに参加してきたけれども、どれも私には合わずに諦めかけていたところ、知人にこちらのカウンセリングを勧められた。以前は演壇に立つと、持っているマイクがガタガタ揺れるほど手が震えていたけれども、今は全く震えることなく堂々と話せるようになった。(40代後半男性・会社役員)

>> ご予約方法・料金についてはこちら

メールカウンセリングも受付中

↑ PAGE TOP